相続手続きを100ページ超で解説するポータルサイト!協力先の法律家が、初回の無料相談から対応!
  • 全国の専門家を探す
  • メールで相談する(月3件限定)
  • 戸籍収集サポートプラン
相続とは 相続人とは 相続財産と遺産分割
遺産分割協議書 法的な手続き 死後の手続き

新規OPEN!相続サイトのご案内


相続手続きに関するメール相談コーナー

(毎月3件限定)

メールで相談に申し込む

※メールでの無料相談は月3件までとなっております。ご了承くださいませ。
常時、パートナーの司法書士、行政書士をご紹介しております。お近くの専門家にご相談下さい。


相続手続きに関する全国の法律家をご紹介します

ご覧になりたい地域をお選びください。

日本地図 北海道・東北地方 中部・近畿地方 関東地方 中国・四国地方 九州・沖縄地方 九州・沖縄地方

【東京・神奈川エリア】

ocean2.jpg

お客様の家族になったつもりで、お手伝いさせていただきます。

【愛知・岐阜・三重エリア】

sm_aichi.jpg

初回の無料相談を実施中です。お気軽にお問い合わせください!

【大阪・神戸・奈良エリア】

sm_osaka.jpg

どこよりも親身にお手伝いいたします。


相続手続きを完全サポート!全国のパートナーが、初回は無料相談!

kuroda hiroshi02.jpg
(社)いきいきライフ協会
代表理事 黒田 泰 

 いきいきライフ協会では、全国の信頼できる行政書士・司法書士・
 税理士と連携して、全国のお客様の相続手続きのお手伝いをさせて
 いただいております。
0625.png
 いきいきライフ協会と連携しているパートナーの事務所では、
 初回の無料相談からお客様の相続手続きを親身にお手伝いさせて
 いただいております。まずは、お気軽にお問い合わせください。
 きっとお力になれると思います。 

 

相続手続きと専門家

誰がどの分野の専門家なのか?もっと言えば、どんな資格者に何をお願いしたら、いくらぐらいの
費用が掛かるのか?こうした事は日常的な事ではありませんので、分かりづらく不安になる点も多いかと思います。

費用の相場はこちらから →相続手続きの費用の目安

通常、弁護士の先生であれば代理人となってトラブルを解決してくれますが、代理人契約を
せずに、法定相続人の調査と関係説明図だけを作成代理するような仕事はまずされません。
また、司法書士の先生であれば、不動産に関する名義変更を担当されることがあっても、
お客様のご依頼で金融機関の調査や預金の名義変更は、独占業務ではありませんので、
不動産とは関係の無い代行業務を司法書士として行うことはまずありません。

こうした点をこちらにてご説明させていただきます。 →国家資格者ごとの事業領域

 

よくあるお困りごと

いくつか良くあるお困りごとについてもご紹介したいと思います。

  • 亡くなった方が遠方の出身で、出生から現在に至るまでの戸籍が集められない
  • 自宅のほかにマンションがあり、不動産の名義変更の進め方が分からない
  • 相続人が複数いるが、それぞれ面識が無いため法的に公平公正な手順で進めたいものの、
    やり方が分からないので進まない
  • 相続人のひとりが病院に通って看病していたことを理由に2000万もの財産をすべて自分が
    受け継ぐといってきかず、実印が揃わないので進まない
  • 遺言書があるものの、あまりに理不尽な内容なので遺言書に沿った内容ではなく遺産分割
    協議書を作成したいが、自分に有利な内容となっている人間との間で調整がつかない
  • 預貯金の名義変更を進めたいが、認知症のおばあちゃんがいるので進められない
  • 関係の無い親戚が口を挟んできて、法的な権利もないのにうるさい事を言うので、
    話し合いが進まない

<解決に向けたポイント>
遺産分割がうまくいかない場合、弁護士の先生と行政書士・司法書士などに依頼する場合と何が違うのか
多くの方が違いは分からないと思います。代理人になってもらい、相手側とのやり取りをすべて代理人
である弁護士の先生に交渉・調停・裁判をやってもらうのが弁護士の先生に依頼するメリットです。
報酬が安くても70~80万からといった印象がありますが、経済的利益に対して報酬が決まっていきます
ので、200万なのか、300万なのか、個別に弁護士の先生に相談して確認する必要があります。

行政書士・司法書士に依頼する場合、相手側とのやり取り(交渉など)を代理してもらうことは法律で
禁じられています。その代り、相手側が開示してくれない財産を調査して、遺産の総額を明確にしたり、
相手側に対して権利や義務を明確に主張する資料の作成は可能です。

現実的には、話し合いの余地もないほど、関係性が悪化してしまって、また相続する財産が1000万円を
超えるようになると弁護士の先生に依頼して調停をするか、司法書士に依頼して裁判所への提出書類の
作成を依頼して、自分たちで調停をするかなどの場合が多くなります。

反対に、素人同士で意見がまとまらないものの調停や裁判をしたくない場合、行政書士や司法書士に
依頼して話し合い(遺産分割協議)をするために必要な資料の収集や作成を依頼することも可能です。
相手側との交渉などは依頼出来ませんが、きちんと手続きを把握されている方であれば、裁判や調停を
せずに、話し合いがまとまるケースも少なくありません。まずは専門家に相談してみられるのが
よいかと思います。 

 

オーシャングループ、一般社団法人いきいきライフ協会のご紹介

一般社団法人いきいきライフ協会では、高齢者の方の身元保証・身元引受人のお手伝いをさせていただいております。 まずはお気軽にお問い合わせください。 → 身元引受人がいない場合のご相談

●戸籍謄本の取り寄せのことなら  戸籍謄本 取り寄せ

2014年7月28日
7月22日 相続発生してから手続きをしてません。
2014年7月28日
7月15日 二次相続とはなんですか?
2014年7月28日
7月3日 相続手続きの流れを一通り聞きたいのですが。
2014年6月25日
6月25日 相続手続きを放置するとどうなりますか?
2014年6月25日
6月14日 相続手続きは順序に沿って行わなければなりませんか?

  • 無料相談はこちらをご覧ください
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社